金融緩和戦争でもうウンザリ(2012年9月4週検証実践成績)

2012年9月4週のトラリピ運用成績(売買損益)は、+600円でした。
※取引報告書を元に算出

利益内訳
豪ドル0回×5000円
米ドル1回×600円

現在のトラリピの設定は、こちらを参照

ぽちっと押してくれる人に感謝です
にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ

こんにちわ

Do As infinityの伴都美子さんが結婚されましたね
おめでとうございます
Yuuは邦楽でもDo asの曲はCoolでキャッチーでポップで、とても好きです
今は聞く機会も減りましたが、曲を聞くと思い出がよみがってくるような唄もたくさんあります

さて、豪ドルは80円を切るぐらいまで急落してしまいました。
日経平均も9000円を割ってしまい、いよいよリスクオフな展開か?といったところです。

ECB、日銀、FRBの金融緩和そろい踏みの展開で、日銀の金融緩和も全く効果なしとなってしまいました

さて、前にも同じような展開ありましたね。
そうです、察しがいい人は、ある言葉を頭に浮かべていると思います

為替介入ですね~

今までなんとか78円を死守してきたドル円もついに77円前半まで下落してしまいました。
これ以上の下落はやはり日本も何としても止める対策を検討してくるかも知れません

今度、過去最安値を上回ってしまったら、デフレ真っ只中の日本にとって、壊滅的なダメージを受けかねません。

先週、日本沈没のシナリオを書こうと思って書けなかったので、今週は書きます

日中間の政治的な影響が経済にも波及しています。
どこかの記事で、日銀の金融緩和後の円高は中国によるもの、なんて噂もありました

日本に経済的な影響を与える場合、どういった手段が有効なのでしょうか?
貿易による経済制裁やレアメタルなどでしょうか?
これらは、下手をするとWTO違反で各国から訴えられてしまうリスクがあり、中国もやすやすとこのカードを切れません

実はもっと効果がある方法は、円を大量に購入し、円高にしてしまうことです

円高にしてしまえば、輸出産業をまるまる根こそぎ壊滅させてしまえるからです。
正直、今の状況は、超超超円高と言えるぐらいの水準で、輸出産業はもう限界に近いです

設備投資可能な企業なら、リスク分散として海外へ活路を見いだせることも可能ですが、リーマン以降、四苦八苦してきた企業にとってそんな資金はなく、コストカット、コストカットさらに限界を超えたコストカットのすえ、廃業せざるおえない状況です

自民党の総裁が安倍さんに決定しました。
実は、安倍さんは、経済対策最優先を唱っており、円高対策への取り組みを最優先にするような感じを受けます

正直、今の日本は周りの機嫌を伺っている場合ではないと思います

さんざん口癖のように話している「断固とした姿勢を見せる」を本当に断固とした姿勢を見せて欲しいものです

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。