トラリピがとても難しい局面に差し掛かってます(2013年1月1週運用成績)

2013年1月1週のトラリピ運用成績(売買損益)は、-----円でした。
※取引報告書を元に算出
※現在トラリピ設定はお休み中

利益内訳
豪ドル0回×5000円
米ドル0回×600円

現在のトラリピの設定は、こちらを参照

ぽちっと押してくれる人に感謝です
にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ

こんにちわ

明けましてオメデトウございます

お正月休みにコンビニによく行き、普段レシートはそのまま捨ててしまうのですが、この前たまたまもらったレシートのTポイントを確認したところ、何と8000ポイント

たしか、100円で1ポイントなので・・・・・・・80万!!
その額に改めてびっくりしています。
それと、最近、コンビニ行くと、もも色クローバーZが表紙の本がかなり多く見受けられるのですが、気のせいでしょうか。
こういった移り変わりは、しっかり、敏感に頭に入れておきたいところです

豪ドルがついに90円を超えていきました。
この90円をサポートラインとして機能されるようであれば、トラリピ買い方にとっては、非常に厳しい運用をせざるおえません

やはり今年は、シストレ24のような別の形の自動売買も検討する必要がありそうです
今まで、シストレ24のような自動売買はあまり乗り気ではありませんでした。

いろいろな投資本を読むと、成功者と言われる人達の行動の一つとして、原資を増やすことに重点を置かず、なるべく原資を減らさないようにする行動を取る人が多く、言い換えれば、無駄な出費をしないということをよく拝見し、真似をしようと思ったわけではないですが、振り返ると、自分自身も自然とそう言った行動になることが多かったなぁと実感しているからです

私の周りのお金持ちさんも、多分に漏れず、お金の使い方は質素で、贅沢をしているという話をあまり聞きません。車すら持ってない人もいます

そういう意味では、シストレ24のように損切りという概念は、原資を減らすことにつながるため、逆のように思えますが、相場に参入させてもらった手数料という勉強代と捉えれば、それも必要経費なのだろうと思い、割り切る必要がありそうですね

なので、シストレ24へ参入する場合は、一時的に大きなマイナスも考慮に入れ、資金の配分を十分検討し、それに大きく頼るようなポートフィリオはしないようにしていきたいですね

変わってトラリピですが、2013年現在検討している設定は、
■米ドル ~89.5 買い
■豪ドル 95~ 売り

の上記二つです。
米ドル90円というラインは、政府が想定している適正な水準のほぼ上限であるということで、かなり意識される水準と考え、その少し下値ということで、89.5円。
ただし、ドル円は、一旦の調整を待って、検討します

豪ドル95円からの売りは、過去、コアレンジ外の高値圏で、次にコアなレンジをしている範囲というのが、95~100円前後の部分なので、そこで売りを仕掛けようかなと検討しています

他のブログを拝見しますが、いろいろみなさん試行錯誤されているようで、含み損と向き合う人、高値を追っていく人、通貨を変える人いろいろいますし、参考にさせてもらってます

今年度、最高に儲かる設定はいかに

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。