今回の大暴落を振り返って

こんにちわ。


Silent Sirenってバンド知ってますか?
初めて知ったのは去年の冬だったと思います。
それからというものの、よく聞いているんですが、4人組の女子ですが、みんなかなり可愛いです。
全員、ガールズ系モデル出身ということで、まぁ、お遊び?的なグループかなぁと思いつつ、実は結構楽曲が良くて、大きなタイアップがあれば、かなり売れそうな感じです。


略して、サイサイって呼んでいるらしいです。
実は、今自分の現在のまちうたは、サイサイにしています。
一つ前は、ミルキーバニーで、こちらも何の因果かモデルですね。
彼女も一時期、世間をお騒がせしてましたが、曲は好きです。


今回の暴落は、為替、株共に大きな影響を受けた人多かったようですし、私も例外ではなかったです
特に、豪ドルのトラリピを泣く泣く損切りしてしまって、今年の利益の大部分を消してしまったり、あまりの衝撃で体調不良ぎみになって、損切りして一旦心身共にニュートラルにした方達など結構見受けられましたね。


私はというと、運よく損切りということにはなりませんでしたが、一旦、株の方で、利益が出ている銘柄を一部決済しました。
株も運がいいことに、含み損モリモリ出ている銘柄は、金額が小さく、含み益を出しているのは、結構大きな金額で売買しているものばかりだったので、今回はほんとうに助かったという感じです。


体調不良まではならなかったのですが、含み利益が減っていくので、やきもきして、あまり仕事に集中できなかったですw。


でも、反省点めちゃくちゃあります。
それは、やはり出口戦略の見直しをしていなかったことと、出口戦略があまりに先過ぎたことですね。
私の出口戦略は、日経が大幅上昇した時に株式分割が行われ、一部利益決済し、都内で、ワンルームを買おうという欲深い算段でしたが、大暴落して分割どころではなくなり、自分の予想した下落ポイントを大きく下回ってしまい、そのまま何らかの対応をしなかったことですね。


要するに、調子に乗って、余裕をこきすぎたとw
投資をなめるなよ、そんなに甘くないぞ


という相場からの叱咤激励と捉えています


逆を言えば、株式相場などは、これからやる人にとっては、大チャンス。
去年の日本株バーゲンセール状態とまではいかないものの、上がっている株価を尻目に参戦できなかった人は、ようやく落ち着いて物色できるところまで来ましたよね。


利益決済したことで、手元にある程度まとまった資金が出来たため、すぐに行動したいところですが、慎重に行きたいという思いもあります。


というのも、豪ドルの動きがすごい不気味なんですよね。
Aud/USDの週足チャートです。



豪ドルのトレンドを見るなら、ドルストレートの方が分かりやすかなと思ってチェックしてみると、もう完全に豪ドルは、強い下落トレンドまっしぐらって感じですね。


直近の下値だと、0.8000ぐらいでしょうか、その辺りまでの下落を想定する必要がありそうですね。
ドル円が円買いとなれば、豪ドル円も下落していきそうですが、今のところは、90円前後ぐらいで何とか、保ってる状態で、正直読みづらいですね。一旦売りの損切りするなら、このぐらいの水準で行うのは一つの目安でしょうか・・・。


当初は、AUD/CHFに0.9000ぐらいで参入したいと思ってたんですが、まぁ、優柔不断という性格もあったんですが、過去二回の大暴落の下落の仕方を見て、参入に躊躇していたところもあります。


二回とも直近の下値を下回ったら、急降下で、0.7000前半付近まで一気に下落しているような動きなんですよね。これが、心に引っかかってしまってて、参入するかどうか迷ってたというのが躊躇していた理由です。


トラリピは、もう損切りを意識してしまう運用はちょっと厳しいかなと思い始めています。
リーマンショックまで耐えれるからという精神的な支えも大きく下落すると、やっぱり精神的に来てしまうので、それでは、体が持たないかなと。


資金は、一応、何らかのチャンスのために、手元に置いておくのと、あとは、しばらくは少しだけシストレ24へ回すって形を取りたいなと思います。
資金の関係でできなかったやってみたいポートフィリオができるようになったので、それを試してみようかなと思ってます。




Arrivederci
(アリーヴェデルチ)

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。