円安モードがより鮮明に

こんにちわ。


東京五輪も決まり、今何かと話題になってる、オモテナシバブル。
滝川クリステルさんにすごい勢いで出演交渉が来ているようです。


たしかに、あのプレゼン、彼女と佐藤真海さんのスピーチは外見もさることながら、内容も委員の心にも印象に残ったのではないでしょうか?


そうなってくると、流行語としては、オモテナシ、倍返し。
私は、今でしょが圧倒的に今年は取ると思っていたのですが、ここにきて、分からなくなりましたね。


むしろ、今でしょは、もう古いイメージすらあります。


また、堺雅人は、続編としてリーガルハイもあり、やはりメディアの露出を考えれば、本命は、倍返しではないでしょうか・・・・。



東京五輪も決まり、景気の起爆剤にもなりえる状況。


政府も消費税アップをほぼ既定路線としたようです。
もともと上げるつもりだとは思いますが、東京五輪招致が決定的でしょうね。



その代り5兆円規模の経済対策などで、景気の腰折れをしっかり防止するなど、この千載一遇のチャンスをしっかりコントロールして、各種強力な規制緩和を推し進めてほしいです。


そうなると、今後はますます、円安傾向ということになりそうですね。


過去の消費税の時も、割と大きく円安に傾いたので、今回も同じ形になるかと思います。


来年の4月までは、買いの戦略を取ろうと思います。
まぁ、そもそも売り自体はやりませんけどね。


さて、われらが豪ドル。
売られ過ぎの修正はまだしばらく続きそうですが、どうも感覚的に上昇力が弱いというか、思ったほどの勢いで買い戻されていないのが、少し気になるところです。


なので、ある程度の利益が乗ったら、AUD/CHFは、売り払ってしまう予定です。


今年も株は、秋~年末~年始またいで、一度、外国人投資家が本格的に参入し、火が付けば、去年並に上昇しそうな予感がします。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。