さて、上か下かいったいどっちに動くか

こんにちわ。


いやぁ、ワールドカップ、日本は予選敗退ですか、、、、、
そうなるかも知れないなぁとは思ってましたが、やっぱりショックですね。


特に第三線のコロンビア戦。第一戦、二戦は何か勝てるかもと思わせる部分がありましたが、第三戦は、まさにワールドクラスとの差をまざまざ見せつけられた感じでしたね。


もちろん、ワールドカップの試合で油断などありえないですが、どこか日本は、アジアのバルセロナだとか、まるでブラジルのような華麗なパス回しなんてメディアで見るようになって、どこか日本は割と強いんだと錯覚してしまっていたかも知れません。


そして、窮地に落ちたギリシャは、底力を見せて、予選を突破しました。
これです、この勝つ力。これがやはり世界クラスとの違いなのでしょう。


プロスポーツである以上、結果が全て。どう頑張ったからではないのです。
優勝を目指すとか、ベスト4とか目指すとか、全然ありだと思います。
結果が出せれば。

今回結果が出ませんでしたが、私は口に出して言うことの勇気はすごいし、馬鹿になどするはずがありません。むしろ敬意を抱きすらします。


もう一度、フラットにして出直して欲しいです。


でも、お疲れ様とも声をかけてあげたいです。


米ドル円の週足のボリンジャーバンド見てると、筒がかなり小さくなってきていますね。


そうです。
もう、知ってのとおり、近いうちに、どちらかに大きく放たれる段階であると予想できます。
下に急落するのか、上に暴騰するのか、、、、


日本としては、景気がよくなって、株高・円安の流れを期待したいところですが、中国やウクライナなど外部のリスクもあり、下手したら、リーマンクラスの衝撃がいきなり来ることも予想されます。


そういう意味では、我々はあの大危機の体験ができたことは、大きな資産であり、次同じ轍を踏まないようにするための防衛を準備できるということです。


特に最近の円安で、追いかけてトラリピを上に仕掛けていく人もいるかと思いますが、常に急落のリスクを想定して資金管理をちゃんと考えていかないといけませんね


結果、あと30円上昇して、ほら、もっと追いかけた方がよかった~なんて言わないで下さいね。
それは、ただの結果論に過ぎません。
投資で、もっと損失抑えられたのに・・・・、もっと儲かってたのに・・・・・・


などは御法度です。
ってより、こんなことを考えることに意味はありません。
淡々やるだけですね。




volare via
(ボラーレ・ヴィーア)

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。