思い切りって、ハイスペックなPC買い換えました。

こんにちわ

掲題の通りです。
2013年に、なりPCを買い換えました。

先代のPCは、WindowsXPの超お古なPCでずっと我慢してきましたが、ブラウザのタブを何十個も開いて、動画を見たりしていると固まります。

カーソルが戻ってくるまで何十分もかかります。

ハードディスクがガリガリやばい音がなってます。

ってなわけで、ずっと投資期間中、共に戦友として活躍してきたノートPCとおさらばすることになりました。


新しいPCのOSは、Windows8 Proです。

PCが固まることにトラウマがあったのか、スペックは超強力なパワーで、BTOの注文しました。
CPU:Corei7 3770
ハードディスク:IntelSSD256G × 2
メモリ:16G
OFFICE2010

なんだかんだで、170000円ぐらいになりました。
やっぱり、SSDにすると値段が跳ね上がるなぁ。
まぁ、去年のご褒美もなかったので、いい機会ですね。

その代り爆速です。
起動、シャットダウン共に5、6秒ぐらいです。
なんて速いんだぁと感動してます。


その余韻に浸りつつ、PCを動かしてみました。

まずは、マニュアル読まずに、いろいろクリックして、

デスクトップを開いてみると、まずいきなりびっくり、何とスタートメニューがありません

あれれ?


どうやってシャットダウンするの?


インストールしたプログラムはどうやって立ち上げるの??

などと、疑問がたくさん出てきたため、仕方なく付属のマニュアルを・・・。

なるほど、これでようやく大きな変更の意味が理解できました。

が、むしろ今まで使っていない方はもしかしたら、すんなりこの仕様を受け入れられるかもしれません。

私は、やっぱりスタートメニューがないとダメなので、フリーウェアの「Classic Start Menu」をインストールして、昔と同じようなデスクトップにしました。

残念ながら持ち運ぶ大きさではないので、ソニーのDuo11のようなハイブリッドPCならこのOSは、かなり使えるかも知れないですね。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。