仕事がイヤでイヤで仕方ない気分の時

普段、サラリーマンで生活している人達。


副業や投資をしている人は、少しでも会社に依存する比率を低くし、何かあった時のリスクヘッジを考えて行動している人も多いかと思います。


でも、そうは言っても、近い将来すぐ辞めれるという見通しは、なかなかなく、嫌なことばかりの日には、辞職願でも突き付けたいなんて日もありますね。


辞めたいけど、生活のためには辞められない。


そんな時どうするか?
正確にいえば、そんな気分の時のモチベーションはどうするか?
ですね。


まず、サラリーマンのお給料は誰から貰っているのでしょうか?


そうです。会社です。


だから、給料をいただける会社に改めて感謝しましょう。


って、違いますw


直接的には会社ですが、


お給料は、間接的には、お客様からいただいています。


お客様は、何もタダでお給料をあげているわけではありませんよね。


お客様が求め、達成した対価に対して、頂いているのです。
サービス業であれば、こう考えるといいと思います。


お客様は、他の誰でもなく、あなたにやってもらいたいと願っているのです。
自分がお仕事をするときにそういう風に思うように心がけます。


あなたは、そのお客様の困っていることや相談毎に乗ります。


お客様は、あなたに大いに感謝してくれます。


人助けのようで、とても気持ちいいですね。


そんな、気持ちよさだけでなく、何とお金まで払ってくれます。
求められてる上にお金まで・・・・、何て幸せだろうと。

こんな、うれしいことはないですよね。


っていう、気持ちをイメージすると、目の前のいやなことや困難も少しは和らげるのではないでしょうか?


サラリーマンは、みんなつらいですね。


頑張って、自分自身を磨き続けて行きましょう。



Arrivederci
(アリーヴェデルチ)

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。